読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10n-1で長生き

自己満足

【北大阪オフ使用構築】メガバシャバトン軸の厨パ

5/3の北大阪オフで使用した構築の紹介

PT紹介

f:id:life_orb:20160403234332p:plain f:id:life_orb:20160505215807p:plain
f:id:life_orb:20160505215832p:plain f:id:life_orb:20160403232244p:plain
f:id:life_orb:20160505215915p:plain f:id:life_orb:20160324215714p:plain

並び自体はよくある厨パと呼ばれる6体のゲンガーをギルガルドに変えたもの

個別紹介

1.ガルーラ
実数値:185-161-101-×-102-136 → 185-194-121-×-122-146
特性:きもったま → おやこあい
持ち物:ガルーラナイト
技構成:すてみタックル グロウパンチ ふいうち からげんき

メガバシャーモが基本軸なので、ほとんど見せポケ。
実際、選出も9戦中1回だった。


2.ガブリアス
実数値:183-182-116-×-105-169
特性:さめはだ
持ち物:ヤチェのみ
技構成:げきりん がんせきふうじ つるぎのまい じしん

単体で使っても良し、バトン先にしても良しの主人公。
ラムとヤチェで迷ったが、ガルが空元気を持っていることを考慮してヤチェを選択。
結果論ではあるが、ラムが欲しい場面の方が多かった。


3.バシャーモ
実数値:171-187-91-×-91-118 → 171-231-101-×-101-138
特性:かそく → かそく
持ち物:バシャーモナイト
技構成:フレアドライブ とびひざげり バトンタッチ まもる

この構築の軸であり、同時にエースもこなす。
ASベースにバトンを仕込むことで、他5体をバトン依存にさせないようにした。
9戦中8回選出、内7回が初手選出と、非常に選出しやすい型だったと思う。
メガ前の特性は猛火にするべきだと思った。


4.ギルガルド
実数値:159-110-170-×-170-91 ⇔ 159-220-70-×-70-91
特性:バトルスイッチ
持ち物:ふうせん
技構成:シャドークロー せいなるつるぎ かげうち つるぎのまい

最もバシャからのバトンの恩恵を受け、最もバシャと共に選出されたポケモン
バシャに打ってくる地震を風船で透かして起点にできるのが強み。
素の火力が思ったより低いのが難点だと感じた。


5.ボルトロス
実数値:175-×-92-155-92-179(非理想個体)
特性:いたずらごころ
持ち物:オボンのみ
技構成:10まんボルト めざめるパワー氷 わるだくみ でんじは

過去産の努力値振り直しが間に合わず、レート用の妥協個体を流用。
悪巧みによる特殊からの崩し、電磁波によるS操作などが主な役割。
ギルガルド同様、バシャへの地震を起点にすることも可能。
バトンを意識するならS135のHB個体でもいいと思う。


6.スイクン
実数値:207-×-176-110-135-113
特性:プレッシャー
持ち物:ゴツゴツメット
技構成:ねっとう こごえるかぜ おいかぜ リフレクター

ゴツメ要因。ただ秘密ガルーラが多いのでゴツメはおまけ程度。
こご風や追い風によるS操作でバシャなどのサポートが主な役割。


まとめ

惜しくも1勝足らず予選落ちとなり非常に悔しい結果となってしまった。
負けた3試合は選出負けやプレミによるもので、自分のポケモンに関する
知識や経験不足を痛感した。
ただ、逆に言えば構築自体は悪くないと思えたので、そこはいい収穫だったと思う。
(当然改善の余地はあるが)
久しぶりかつ人生で2回目のオフ大会は非常に楽しめたので、これからは
積極的にこういったオフ大会に参加していきたいと思う。


さいごに

北大阪オフに参加した皆様、お疲れ様でした。
大会中や二次会で絡んでくれた皆様、ありがとうございました。